1. ホーム
  2. フェリシテ / CURE-HA

フェリシテシャンプー&トリートメントには

01.髪の毛のダメージが気になる方用
02.髪の毛のパサつきが気になる方用

の2種類があり、シュリンプではお客様のお悩みに合わせたシャンプー&トリートメントをご提案させて頂きます。


 

Felicite−フェリシテ−

フランス語で「至福・最高の幸せ」という意味を持つ「Felicite-フェリシテ-」
日々送っている生活の中で髪の毛に対する悩みをもっている方はとても多い。
という事実を踏まえ、その悩みを解消することが最高の幸せをつくる手助けになれば・・・。
そんな思いから誕生した「シャンプー&トリートメント」です。

あなたの髪がUKIUKIする
【CURE-HA treatment-system】
CURE-HA(クレハ)は「有機酸」を用いて生きた髪の毛に更に活力を与えることができる!
ノンシリコンのトリートメントシステムです。

「CURE-HA」は、様々な髪の毛の悩みを解決します!

  • 1.いまいち髪の毛にボリュームが出ない。
    3.毛先のパサつきが収まらない。
    5.カラーが染まりづらい。
  • 2.髪の毛の艶が無くなってきた。
    4.パーマがかかりづらい

上記のようなお悩みはありませんか?また、傷んだ髪を「シリコン」の力に頼ってはいませんか?

従来のトリートメントの考え方はシリコン製品(ジメチコン・シクロメチコンなど)やミネラルオイル(流動パラフィン)などで髪の毛の表面にコーティングを施し、その場で感じてもらえる手触りを重視するものでした。

CHRE-HAは毛髄核産生理論を基にした新しい考え方のトリートメントシステム。
髪の毛の成分に近い成分を使用することで
毛髪内部・毛髪の表面の動きをサポートします。

  • 本来の名前は
    「シリコン/×」→「シリコーン/○」


    今、巷で言われているシリコン・ノンシリコンというのは本当はシリコーン・ノンシリコーンと言います。本来ならばシリコーン・ノンシリコーンという言葉を使わせて頂きたいのですが、まだ一般的にはシリコン・ノンシリコンという言葉が知られていますので、ここではあえてシリコン・ノンシリコンという言葉で記載させていただきます。

「シリコンノンシリコンについて
シュリンプでシリコンを使用しない理由は?

まずシリコンを使うことで髪の表面をコーティングしてしまいます。コーティングすることでパーマがかかりにくくなってしまったり、
カラーが染まりにくくなってしまったりします。

使い続けることでこんなことに・・・。

シリコンを使うことでツルツルの手触りを得ることができます。髪の毛の表面をしっかりとコーティングしてくれるので
髪の毛の収まりや艶を演出するにはとても優れていると思います。また、シリコンを髪の毛に使った瞬間からツルツルの手触りになります。

しかし、現状のシリコンはガラス化することに問題があるとも言われています。
ガラス化とはその名の通り窓に使われるガラスをイメージして頂ければ結構ですが、
このガラスのように堅く固まってしまうことで本来柔らかかった髪も固い髪になってしまうのです。
また、髪の毛に付着したシリコンも時間が経つと剥がれ落ちますが、
剥がれ落ちる際に髪の毛の保護を担っているキューティクルも一緒に剥がしてしまうのです。

結果、一旦はシリコンのおかげで整っていた髪もバサバサの手触りになってしまったりするのです。

このようにシリコンを使うことで得られるメリットとデメリットがあるので判断するのは難しいかもしれませんが、
素の髪を大事にしていくという観点でとらえればシリコンを使用した商品を使わない方をお勧め致します。

ノンシリコンシャンプーとセットで買ったトリートメントはノンシリコンになっていますか?
シャンプーはノンシリコンなのにトリートメントはシリコン入りというのは少し矛盾を感じてしまいます。
結局シリコンの手触りを求めてしまうことになってしまうのですから・・・。

ノンシリコンとシリコンどうやって見極めればいいのか?
そんな質問をたくさん頂きます。
そんなときは裏面の成分をみれば一目瞭然だったのですが、
あまりにも種類が多くなりすぎて把握が出来なくなってしまったので
有名なものを一部掲載しますので参考にしてください。

ジメチコン・シクロメチコン・シロキサン・アモジメチコンなどです。
他にも○○チコンというものが多数存在しています。

お求めはシュリンプ各店にてお願い致します。

ページのTOPへ↑